コードビューとデザインビューの切り替え

コードビューとデザインビューの切り替えは、ドキュメントツールバーのボタンを使えば簡単です。メニューを使うとコードビューを2画面にしたり、上下に分割したり、左にデザインビューを表示したりすることができます。

コードビューとデザインビューの切り替え

コードビューとデザインビューを切り替えるには、ドキュメントツールバーの「コード|分割|デザイン」のボタンを使います。コードのボタンを押すとコードビューが表示され、HTMLやCSSのソースコードをテキスト形式で編集することができます。デザインのボタンを押すとデザインビューになり、ブラウザそっくりの見た目でHTMLのファイルが表示されます。分割と書いてあるところを押すと、コードビューとデザインビューが同時に分割されて表示されます。

コードビューを2画面にする方法

まずはコードビューだけ表示します。メニューで「表示」-「分割コード」と選択します。コードビューが2画面に分割され、コードの違う部分を比較しながら編集することができます。真ん中の分割バーを移動させて端に持っていくと分割バーが消え、通常のコードビューの表示になります。

上下に分割する方法

まずはコードビューとデザインビューの分割またはコードビューの分割で画面を2つに分割させます。メニューで「表示」-「左右に分割」をクリックしてチェックを外します。すると上下に分割した表示になります。再度左右に分割させたいときは左右に分割を選択しチェックをつけます。

左にデザインビューを表示する方法

コードビューとデザインビューを左右に分割します。メニューで「表示」-「デザインビューを左に表示」をクリックしチェックをつけます。コードビューとデザインビューが上下に分割されているときは、ここに「デザインビューを上に表示」というのが表示されるのでチェックをつけたり消したりして設定します。

Dreamweaverを買ってよかったと思う機能

コードビューとデザインビューの切り替え、今は普通に使っています。しかし初めてこの画面を見たときには驚きました。これを探していたんだと。HTMLファイルの編集で無駄なタグを作ることも少なく、デザインのテスト表示もワンタッチでかつ、かなりブラウザに忠実。使い勝手のいいHTMLエディタ。これこそがDreamweaverの良さでしょう。

広告