コードビューのカスタマイズ

コードビューのフォント・文字サイズは環境設定で変えられます。コードビューの背景色を黒くするのは環境設定とカスタマイズしたColors.xmlファイルがあれば可能です。

フォント・文字サイズを変える設定

フォント・文字サイズを変える方法は簡単です。メニューの「編集」-「環境設定」のカテゴリ「フォント」のコードビューの欄からフォントとサイズを設定してOKを押すとすぐに切り替わります。デフォルトはWindowsの場合MSゴシック10ptです。

背景を黒にする設定

目の疲れを軽減するため、コードビューの背景を黒にして作業を行っている方もいらっしゃるようです。
CS5で背景を黒にするには、「環境設定」でカテゴリ「コードカラーリング」の読み取り専用の背景の色を変えます。#000でもいいのですがお好みに合わせて調整しましょう。文字色などはColors.xmlファイルをダウンロードして使わせてもらいます。
ダウンロード先(リンク先にColors.xmlの設置場所も書いてあります。)
●Dreamweaverのコードカラーリングで背景を黒に変更する
http://blog.tasdesign.jp/web_design/2010_01_15/dreamweaver.html
●Dreamweaverの背景を黒にして使う方法(改訂版)
http://rewish.org/xhtml_css/dw_black_bg
元々あったColors.xmlは_Colors.xmlのように名前を付け替えていつでも戻せるようにしておくといいかもしれません。
ただ私も試してみたのですが、眼が白い背景に黒い文字というのに慣れていて、黒背景の方が疲れる感じだったので、デフォルトの設定に直してしまいました。

広告