ライブビューについて

ライブビューではブラウザを起動させることなく、ドキュメントウィンドウ内でデザインビューよりブラウザに近い表示にすることができます。

高機能ページで威力を発揮

マウスのロールオーバーやJavaScriptの実行をライブビューでは行うことができます。あとブラウザで見るにはコードを保存しなくてはいけませんが、ライブビューではコードを保存しなくてもページを見ることができるのもメリットです。しかし、テキストに簡単な画像を貼り付けただけのようなページでは使う必要はあまりないかもしれません。

レンダリングエンジンにWebKitを使用

WebKitはブラウザ用に開発されたレンダリングエンジンで、有名なところでSafari,MobileSafari,GoogleChrome,Androidなどに使われています。

実行してみて

若干フォントや行間が変わるのに気がつくでしょう。私もテキストと少し画像を貼ったぐらいのページしか作れないので大してライブビューを使うことはないのかもしれません。ボタンを押すだけという簡単操作ですが上級者向けの機能かもしれません。ただ、現在のインターネットユーザー間で一番多く使われているブラウザはInternetExplorerなのでライブビューでの確認以外にも実際のブラウザでの確認も最終的には必要でしょう。

広告